パラパラの15秒         掛丸翔『少年ラケット』 - 豚か狼か

パラパラの15秒         掛丸翔『少年ラケット』

週刊少年チャンピオン
05 /16 2016


 スポーツというのは大抵『スピード』というのがあって、それが一般人からすると速いってコトになる。スピード要素が無いのって弓道とかそういう関係だけなんじゃなかろうか?


 スポーツマンガで『スピード感』が無いのは萎える。特に試合が最高潮に盛り上がるときに停滞してリズムが悪いのは最悪だ。



 20160287.jpg


 『少年ラケット』は絵作りが良い!!毎回毎回『これという視点を釘付けにするシーン』というのが必ず盛り込まれている。


 目安として、独自にやっているコトなんですが


 ①試合がクライマックスのシーンで

 ②その連載マンガが20ページぐらいだとすると

 ③15秒程度でパラパラと目で追う


 ……をやってみて『だいたい何をやっているのか伝わる』というのが『スポーツマンガとして優秀な資質がある』と思ってます。今回の「少年ラケット」でそれをやってみたところ、実に良く伝わってくる。


 スポーツというのは刹那の攻防があるから『そういう風に読める』って大事だと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp