チープなものが食いたいんじゃ!! 山田胡瓜『AIの遺電子』 - 豚か狼か

チープなものが食いたいんじゃ!! 山田胡瓜『AIの遺電子』

週刊少年チャンピオン
05 /20 2016

 『美味しんぼ』が流行ったのはバブル期の日本であり、当時中学生であった俺は『そうか!!俺たちはまがいものをうまいうまいと食っていたんだ!!』と衝撃を受けた。


 そして、バブル崩壊。いまだに日本経済は復興どころが年々酷くなる有様で。


 今度は『チープなメシを楽しむマンガ』が多くなった。そう、俺たち平民はチープなものをうめぇ~とありがたがって食べるんや!!


20160309.jpg


 今回の『AIの遺電子』はチープなラーメンを食べてますが、これはよく分かる!!チープであるというコト。この不可解な愛着はやはり人間ならでは。


 確かに栃木にも『うまいラーメン屋』というのがあって、そりゃ大好きなんです。でも『くるまやラーメン』とか『山岡家』みたいなチープさもいいんじゃ!!いや、ラーメンだけじゃない!!山田うどん!!山田うどんをキミたちは食べたコトがあるか?


 いつも書いているけど『美味しんぼ』は歴史的名作でとても思い入れがあります。しかし、全部が全部肯定するものではないし、そういうのはイビツだ。チープなものが好きというのは『許せる』というコト。むしろ『欠点に良さを見いだせてしまう』というコト。『チープなものが許せない』という人とはちょっとうまくいかないだろう。


 欠点に良さを見いだせるなんて人間はすごいと思いますよ。



 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp