君とキミ         掛丸翔『少年ラケット』 - 豚か狼か

君とキミ         掛丸翔『少年ラケット』

週刊少年チャンピオン
06 /03 2016


 『私のこと、きらい?』


 ……とまあ、ひらふみ先生の『でり研』にて酔っ払った先輩部長が主人公に絡むのですが。この先輩と主人公の関係というのは『なんか説明するのが難しい』というものでして……まあ、そのノリでチューなどしてしまうのですが『恋人関係』とも違うんですよね。


 これが『私のこと、嫌い?』という表記だとまた印象がかなり変わる。俺はその時に『マンガってすげぇな』と思った。表記によって印象コントロールできるのだと。マンガには常に教えられる立場でしかない。



 20160333.jpg


 さて、今回の『少年ラケット』で感じたのだけど、ホームズは『君』でなく、『キミ』と言っている。


 20160334.jpg


 ちなみに今回のホームズは『キミ』を何回も言っているので『意図的にそう言わせている』のだろう。確かにホームズが『君』と言ったら印象がかなり違ったものになるだろう。


 一時期、萌えキャラに変な語尾を付けるのが流行ったが、ありゃ露骨なんだわ。本当に怖いマンガのテクニックというのは『悟られずに印象を植え付ける』なんですよね~。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp