クレーマーめッ!!        山田胡瓜『AIの遺電子』 - 豚か狼か

クレーマーめッ!!        山田胡瓜『AIの遺電子』

週刊少年チャンピオン
06 /04 2016


 『こっちは金払っているんだ!!何しようと客の自由だ!!』とか言っているヤツって死なねーかなと思います。すげー不愉快なんですよね。そういうの。


 心打たれた言葉に『自分より立場の低い者に対しての振舞がその人の本質』というのがあって、その通りだと思う。そういうヤツは思いっきり軽蔑していい。


 20160335.jpg


 ……なんて思っている自分にとって今週の『AIの遺電子』はかなり面白く読めた。


 そう、クレーマーというのは『程度が低い』のだ。程度が低いからこんな感じにバカにされる。バカにされて納得してしまう。『ただストレスのはけ口を求めて攻撃しているだけ』というコト。


 ただ、ここら辺は『日本人の苦手』とするトコロもあり、『建設的な議論ができない』というのもある。議論というのは極力感情論を排除した方がいいから。


 まあ、面白いと書いたけど、それは自分への戒めでもあって、ちょっとした苦みもあったり。



 しかし、このマンガは面白いね~。回を追うごとに楽しみになってきた。




 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp