無理ゲー             伊藤智義・松島幸太朗『永遠の一手』        - 豚か狼か

無理ゲー             伊藤智義・松島幸太朗『永遠の一手』       

週刊少年チャンピオン
06 /14 2016


 その昔、『To Heart』というエロゲーがありましたが、その中での人気キャラはマルチなるアンドロイドだ。コイツがえらい人気だったのだが……どうも自分には馴染めなかったというのはある。そして、その当時としては『でもそんな高性能なの無理』だよ、と思ってしまったのもある。



 が、そろそろそんなコトも言ってられなくなってきた。俺が生きている間のギリギリにマルチが可能になるかな…と思っていたが、それはそんなに遠い未来でもなさそうだ。でも、アンドロイドにもモテないんだろうな、俺。


 人間とコンピューターのどちらが優れているか?という議論に関しては専門知識を持ってない俺の意見する余地は無い。が、すでに特定のジャンルにおいて比較するコト自体がナンセンスとも思う。クルマより人間の方が遅いからと言って恥じるコトは全く無いように。


20160354.jpg



 今週から始まった『永遠の一手』ですが、案の定コンピューターの強さが際立ってしまった。ここら辺は『栄光なき天才たち』で膨大な知識量(特に科学者やコンピューター関連の理系)を持つ伊藤智義先生の原作の説得力はバッチリだろう。


 が、しかし


 『人間はなすすべも無く完敗しました』


 ……というオチだとしたら、それは物語として成立しない。が、俺としては『でもコンピューターと比較するコト自体が無茶だ』とも思っている。一体、この物語はどういう「落としドコロ」なのだろうか?おそらく長期ではなく、最初からゴールを見据えての連載であるからにして、ここから先が気になります。


 それにしても、予告カットはロボットの手だけだったから『ひょっとしてとんでもない変化球ある?』とか思ってましたが、主人公は松島先生らしいキャラデになっていました。相変わらず絵が巧いな~。そして独特のハッタリ効いた魅せ方もいい!!


 
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp