なにをするにしても            木佐貫卓『マル勇 九ノ島さん』 - 豚か狼か

なにをするにしても            木佐貫卓『マル勇 九ノ島さん』

週刊少年チャンピオン
06 /26 2016


 誉められたい!!称えられたい!!


 ……そんな願望をモチベーションにして努力するのは間違っても無いとは思う。間違いさえ犯さなければ。



 むしろ


 むしろ、その過程に於いて『外野がチャチャ入れてくる』コトのが問題だろう。




 20160381.jpg



 さて、今週の『九ノ島さん』ですが、やる気になったフィオですが、所属している三課は周囲からバカにされていて……という内容だ。


 学校の授業などで偉人伝は欠かせないが、これについて一番大事な部分は以下のものである、と考える。



 『必ずバカにされる』



 ……というコト。世の中のサクセスにおいて『バカにされる』とかの否定されるのは不可避なんですよね。そして何より本人自身が疑問を感じるはずなんです。


 三課の仕事は立派なもので優劣じゃないと思うし、これから描かれると思いますが、とりあえずフレイアの気持ちがどう変化していくかが楽しみです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp