好き          中村勇志『六道の悪女たち』 - 豚か狼か

好き          中村勇志『六道の悪女たち』

週刊少年チャンピオン
07 /09 2016



 その作品を好き、というのはその人の資質を見る目安だと思うんですが。


 『好き』って単語は往々にして肯定的に捉われるものですが、個人的には『そうかあ?』と思っちゃうんですよね。何か好きかってその人の判断材料になるから。みんなも本能的に恐れてると思うんですよね。かしこまった席での自己紹介なんかで趣味とか当たり障りの無いもの言うし。



 だけど、さらけ出したい気持ちは誰しも持っていて、否定されるのは怖いんですよ。それでも、なんだけど。



 20160401.jpg



 やっぱ、俺って中村先生の作品は好きだな~。ただ、以前も書いたように『板ばさみ』というのはあるんですよね。


 マンガブログとして『好きなマンガを書く』というのはあるんですが、『分かる人には分かる』とか『一般人にはオススメできない』というような姿勢はイヤなんですよ。そりゃ、もちろんマニアックな作品もありますけど、俺としては『フツーにマンガ読んでるキミ!!チャンピオンも面白いよ!!』という感じなので。『少年ラケット』の最上くんみたいなスタンスで。



 このマンガをすげー簡単に解説すれば『ある日、不思議な力で女の子にモテモテになりました』という部分は『よくあるハーレムマンガ設定』なんですが、『ただし、悪女(ティーンズロード系)のみ』というちょっとの変化で面白さを出している。


 で、今回はこの設定から主人公の心理変化を描き、少年マンガとしての熱さを出しているのですが、ここら辺はデビュー作からハートフルな作風たる中村先生らしい。


 ただ『女の子は守るもの』という前時代的な動機はスッポリ抜けている感があるし、主人公が状況に流されやすい不安定さ(言ってるコトがコロコロ変わるヤツとは付き合いたくないでしょ?)は早い段階でなんとかしないと土台作りの今の段階ではまずいかな?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp