何も感じ無い           佐藤タカヒロ『鮫島、最後の十五日』 - 豚か狼か

何も感じ無い           佐藤タカヒロ『鮫島、最後の十五日』

週刊少年チャンピオン
07 /14 2016


 自分でも驚いているのであるが、F1からジャンカルロ・フィジケラが引退してから、F1そのものに興味がスッ…と引いた。本心としてはもっともっと熱くなりたいのであるが、彼以上に熱くさせてくれるドライバーが俺にはいなかったのだ。どうにも。


 が、このフィジケラというドライバーは成績・数字で言えば、『それなりに良い』どまりである。ミハエル・シューマッハやアイルトン・セナはもちろん、一度のワールドチャンピオンも無い。優勝は僅かに三回だけである。


 だけど、やっぱり自分にはフィジケラなんですよね。その証拠は先の通りである。


20160411.jpg



 今回の『鮫島』は言わんとしているコトが良く解りますね~。『熱くさせてくれよ!!』という欲求の膨らみが。



 自分の場合で強い欲求ったら『面白いマンガ』に集約されるのですが、ツマンネー作品に当たったりしたら『イラァ…』とするし、『何も感じねぇッ!!』と腹を立てるだろう。



 『嫌なら見るな!!』


 …という意見はその場合に当てはまらない。逆に聞きたいけど、そういうコト言う人って『そんなので済ませられるの?』とも思う。好きなモノに対してはもっとワガママでいたいですね。ワガママさも深度を得るのに欠かせない要素だと思います。




 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp