ゆきち           福地カミオ『神猫じゃらし!』 - 豚か狼か

ゆきち           福地カミオ『神猫じゃらし!』

週刊少年チャンピオン
07 /15 2016


 勇チャンのようなオッサン世代が大好きなのが、高橋よしひろ先生の『銀牙 流れ星銀』である。


 このマンガ、赤カブトというヒグマ騒ぎで人々の生活が脅かされて、戦士たちが立ち上がる……ほとんど野良犬というアチョーなマンガであつた。いや、人間サイドも頑張っている人は居るんだけど、だいたいがブルっちまっているという有様でした。で、大輔くんという少年が銀の飼い主みたいな感じで、初期は大輔と銀で赤カブトに挑まんとする話でしたが、途中から犬版水滸伝みたいになって、犬同士が日本語で会話してるのよ(犬語から日本語変換しているとも言えるが)。



 20160410.jpg



 『猫神じゃらし!』の ゆきち がなかなか面白いキャラになりそうだ。


 このキャラ、沙耶と一緒だとネコとして機能してますが、こまりと一緒だと会話が日本語変換したり、人間っぺえゼスチャーなども交える二面性がある。これこそがマンガならでは、とも言える。


 今回などは特に顕著ですが、この設定は巧く使えば面白くなりますね!!そして、他の作品に無い個性でもある。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp