禁じられた遊び           小沢としお『Gメン』 - 豚か狼か

禁じられた遊び           小沢としお『Gメン』

週刊少年チャンピオン
07 /16 2016


 『怪奇大作戦』というジャリ番組がかつてあって、俺のなかでは到達点のひとつとも言える作品です。コイツはウルトラマンで有名な円谷プロが作っていたんですが、何が好きかってアクセルをベタ踏みしているトコロ。つーか、子供にトラウマ植え付けるのを目的で作っているとしか思えない。


 また、登場人物の誰かが常にタバコ吸っているような作品なんで、煙指数高めだ。



 20160417.jpg


 『Gメン』の今回のエピソードは自転車が小道具として機能していて面白い。今のトコロ、自転車が出ると二人の関係に変化が出ているんですよね。で、今回は二人乗りなんですが、コイツはいい。青春描写として二人乗りは正解だ。ヒロインから漕いでいるのも面白すぎる表現だ。


 で、ここ最近は『そういう描写にうるさいヤツ』がいる……というのも事実。マンガキャラに社会道徳やルールを押し付けるのね。いや、そりゃ、言わんとしているコトも分かるし、議論すればそちらのが優位性はあるだろう。


 だけどマンガにそういうの押し付けるアホとは絶対に仲良くなりたくないなあ。つーか俺、主人公サイドでもそのぐらいのが丁度いいんだけどなあ。


 良い子は真似しちゃいけないよ……というのはそういうアホに対応した予防線。この言葉は深いんだ。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp