ライバルヒロイン          中村勇志『六道の悪女たち』 - 豚か狼か

ライバルヒロイン          中村勇志『六道の悪女たち』

週刊少年チャンピオン
07 /25 2016


 度々書いているコトなんですが


 『ラブコメマンガは本命ヒロインよりも負けが確定しているヒロインを如何に魅力的に描けるか?』


 …と思っているトコロがあります。いや、単純に俺が負け確定ヒロインが好きなだけという気も……。




 20160432.jpg



 …というコトで今回の『六道の悪女たち』からはライバルヒロインの登場です。


 常識的に考えて、乱奈より現時点では人気が出そうだ。内面はもちろん、髪型がショートだったりするあたりも対比としてかなり意識されている。


 今のトコロこの作品は『異色ラブコメ?』という感じに推移しているように感じられるのだけど、意外にも『冴えない少年が成長して学校のヤンキーどもをシメる』というガチヤンキー枠かもしんない。分からんけど。



 そうなると、今のトコロはあらゆる点が不明である乱奈もキャラが掘り下げられて、委員長に迫る勢いを出さないとツライ・そう、そのツライを見守るのがマンガとして楽しいんですよね。



 ただ、このマンガを読んでて危なっかしさを感じるのも事実で、『説得力』がキチンと描けるか…がまだちょっと分からないんですよね。変に奇抜なコトやって『肩透かし』やら『そういうキャラじゃないでしょ』がいつ暴発するか…という危うさが。



 『読者の予想を覆す』というのはマンガに於いて過大評価されているアンサーで、自分は『読者との約束を守る』だと思ってます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp