鈍化           板垣恵介『刃牙道』 - 豚か狼か

鈍化           板垣恵介『刃牙道』

週刊少年チャンピオン
08 /04 2016



 マンガを読み続けてきて変化したなあと思っている部分が『痛み』の描写である。



 痛がらない



 ……近年のマンガは特にコレが顕著だ。考えても見ると、人間というのは『些細な痛み』で何も出来なくなる。俺の場合であると、それこそ親知らずを抜いて二ヶ月ぐらいメタメタであった。昔のマンガキャラは特に痛そうであったが、なぜか今のマンガキャラは『神経入ってねぇんじゃねぇの?』というぐらいに痛みが伝わってこない。そういう風潮なのだろうか?


 20160458.jpg



 常識的に考えて、先週の段階でピクルは『死んだも同然』のダメージであるが、全く痛みを感じてないかのような動きだ!!いや、それどころかここからパワーアップするみたいだし。


 やはりピクルを倒すにはおちんちん切断しか無いだろう。同時に不思議と板垣先生のキンタマへのクリーンヒットを描かせたら日本一と言ってもいいぐらいなのだから。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp