やれる!できる!前進している!          横田卓馬『背すじをピン!と 鹿高競技ダンス部へようこそ』 - 豚か狼か

やれる!できる!前進している!          横田卓馬『背すじをピン!と 鹿高競技ダンス部へようこそ』

横田卓馬『背すじをピンと!』『シューダン!』とかとか
08 /14 2016

 前にも書いたけど、ガキの頃から『ドン・キホーテ』という物語に魅力を感じていた。物語の受け止め方は人それぞれだと思うが、『ドン・キホーテ』という作品をひと括りにしてしまえば『愚かで滑稽で哀れな男』だと思うのですが、自分はその先に『希望』みたいのを感じて惹かれるんですよね。


 『愚かで滑稽で哀れな男』であざ笑って溜飲さげて『だから自分はまだマシだ』なんて思いたくないんです。その考え方は『その先に何かを成す』という可能性の放棄だ。



 これは自戒もあるんですが、今はネットが普及したおかげで一億総批評家&管理社会に向かってます。これからは『そんなコト知るか!!』と強い意志が必要になるでしょう。確かに風車を巨人と勘違いして突進したドン・キホーテは『愚かで滑稽で哀れな男』でありますが、立ち向かった彼は『勇敢である』と思ってます。



 20160483.jpg



 さて、差今回は最近六巻が発売された 横田卓馬先生の『背すじをピンと!』です。ううっ……なぜ俺はチャンピオンブログをやっているのにジャンプなんかのマンガを毎回書いているのだろうか?おれとしては『少年ラケットの最上くんのように


 
 20160488.jpg


 20160489.jpg


 20160490.jpg



 チャンピオンが日本一に返り咲く日の為にやっているというのに……!!しかも『すじピン!』たらノミネートがとなりでしっかり1位獲得した作品じゃねーか!!


 いや、これはチャンピオンに与えられた『試練でしかない』のだ。俺たちのチャンピオンはやれる!できる!前進している!例えドン・キホーテのように無様であろうとも、そんなのは気にするな!!うおおおおッ!!



 ……とまあ、私情バリバリのアレをココまでとして。



 まあ、このマンガは自分にとって純粋に面白いんですよね。なら、書かない理由はないので。




 さて、今巻の見どころと言えば


 20160484.jpg


 20160485.jpg



 人気投票1位を獲得した英里チャンのツッチー応援です!!


 これ……これって『とても重要なコト』だと思います。どんなにスゴイ実績のある人でも『初心者だった頃』というのは必ずあって、で周囲が最初からポジティブに捉えてくれることなんて無いんですよね。そんな時は『自分の内側から奮起するしか無い』と思っているんですよ。それが強がりでも勘違いでも間違っていてもなんでもいいからとにかく。



 とにかくやっちまえ、というコト。



 ……それが『コトを成すにあたっての最大の敵』だと感じてます。まして、先に書いたように一億総評論家&監視社会に向かっていくにあたって。



 20160486.jpg



 八巻先輩のこのセリフですが、この巻の要点はまさにコレで『いいから、とにかくどんどんやっちまえ』なんですよね。



 …とまあ、このマンガは構成が分かりやすくて伝わって巧いんですよ。ホント、ジャンプなんかやめてチャンピオンに移籍して一緒に頂点(てっぺん)獲ろうぜ~と言いたくなる作品です。これは本気!(マジ)で書いてますが。









 それにしても、今回表紙の神宮寺サンは妙にエロくないですか?



 20160487.jpg



 それでいて、金龍院に『静かにベタ惚れ』というのだから、この作品のカップルたちはイロイロと業が深いとか思っちゃったりします。げっぽん。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp