ゲームをやると殺人とか平気でやるようになる         架神恭介・渡辺義彦『放課後ウィザード倶楽部』 - 豚か狼か

ゲームをやると殺人とか平気でやるようになる         架神恭介・渡辺義彦『放課後ウィザード倶楽部』

週刊少年チャンピオン
09 /06 2016



 ギャンブルにハマる心理というので聞いたのだけど『最初は儲けようと手を出したのが、最後は取り返そうに変化している』というコト。そして、それが成功すると『脳内麻薬が出てクセになる』というコト。


 幸い俺はギャンブルも今だったらスマホゲームの重課金もしてないが、その心理は分かる。一時期、ゲーセンのメダル競馬ゲームにハマってメチャ強い馬できると確かにやめられないし。


 そんな中毒性の恐ろしさを描いたのが




 20160529.jpg



 今週の『放課後ウィザード倶楽部』です。



 どうでしょう?あんなに親しみを感じていた那由多たちが殺戮マシーンへと変貌していく様子を見ましたか?まして、なかなか勝てないから金の力で解決という浅ましさが全開です!!



 やはりゲーム・アニメ・マンガ等々のオタクコンテンツはとても危険なものだと証明されたようなものです!!現実と虚構の区別がつかなくなるのです。『ポケモンGO』も人間を堕落させるために悪魔がバラ巻いているに違いありません!!



 そんなメッセージ性をボクは作品から感じられずにはいられなかった。勇気ある内部告発なんや!!



 だから、このマンガを義務狂育の一環に取り入れよう!!教科書を捨て、ボクたちは『放課後ウィザード倶楽部』から学ばなければならない!!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp