恋する乙女            木佐貫卓『マル勇 九ノ島さん』 - 豚か狼か

恋する乙女            木佐貫卓『マル勇 九ノ島さん』

週刊少年チャンピオン
09 /24 2016


 映画の批判……いわゆる『邦画などクソ!!』というヤツがあって、『恋愛要素入れたがるから』みたいのあるけど、俺、嫌いじゃないぜ。あれだろ、中学生にありがちな『俺、洋楽しか聴かないから』的なアレだろ!!そういう自分にイイ気になってんだろ!!イイ気になってんだよ!!イイ気に!!(ジョジョ風に)


 映画というのは外出して観るし、カップルさんの基本であるからにして『入れる』というのは大事だと感じてます。若い方だけでなく、長年付き添った夫婦にだって、そういう要素は刺激になると思うのです。


 ラブは感染力がある!!


20160577.jpg



 そう、俺のような否モテもラブ要素は大好物であり、マンガ誌には絶対入れて欲しい、いや入れないとダメだ。俺がソーリ大臣になったら、そういう法律を作る。



 新章に入っている『九ノ島さん』がラブ方向に行っててニヤニヤしてしまう。こういう話は好物である!!オチとしては『やっぱりラブ』になりそうなんですが、ここら辺で揺さぶりをかけてくるのが


 たまらん!!


 ラブコメも一生楽しめる感覚を維持したいものです。ラブ要素批判するのは否定しないけど、同時に老化も疑った方がいいんじゃねぇの?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp