第三回・百本組手!!①        星野茂樹・石井さだよし『解体屋ゲン』 - 豚か狼か

第三回・百本組手!!①        星野茂樹・石井さだよし『解体屋ゲン』

週刊漫画TIMES
09 /28 2016
 さて、今回も始まりました『解体屋ゲン』の百本組手です!!


 最初は『空手バカ一代』のようなイメージでしたが、やってみて分かった。





 20160567.jpg



 どっちかと言えば、フクイタクミ先生の『百足(ムカデ)』だわ。このマンガ、100人の賊に馬頭丸ただ一人が挑むというものなんですが、全三巻で駆け抜けるように次々ブチ殺してますが、敵がどれも『もっとひっぱれるだろ』というような感じの個性派ぞろい。一晩の出来事ですが、全30巻とかでも問題なくいけそう。



 『解体屋ゲン』も一話一話が濃厚だからコイツは手ごわいぜ…。






 無料アプリはコチラへ→ 『解体屋ゲン』
 





第201話・沈む集落~今回の仕事は田舎のダム始動予定地であった。ロクさんの腕で公民館を移動するのだ。このテの話は住民が反対しまくるのが相場であるが、ここではほぼ賛成である。


 現場の旅館は地味ながら素晴らしいもので、ダムをキッカケになくなるコトをゲンたちは寂しく思う。


『所感』~そういえば草津行く途中に八ッ場ダムというトコロがありまして。一時期、年イチで通っていたのだが、全く何も進展しなかったなあ。


 ヒデのオタクの妄想を見てみると、上の世代が『アニメ・ゲームに夢中になると現実と妄想の区別がつかなくなる』というのが本当だよなと思えてしまう。と言ってもVR技術の進歩でそういうのも可能なのが近づきつつあるなあ。





第202話・沈む集落(中編)~旅館に訪ねてきたおばあちゃんのお願いをついつい人情で引き受けてしまうゲン。それをキッカケに次々とお願いがやってきてしまい、やがてその不満は『役所が悪い!!』という方向にいってしまう。何か良い手立ては無いか…?


『所感』~ゲンが最初にお願いを聞いてしまうのは『まあ、このぐらいならいいか』という人情だと思うのですが、こういう曖昧なトコロにあるサービスというのは世の中を円滑に回すものだと感じてます。が、どういう訳か『自分もやってくんなきゃ不平等』から『アナタはやる義務がある』とか抜かすヤツは自らの首を絞めている自覚が無い。個人的に『同人誌即売会のスケッチブック』はそうならないでもらいたいですね~。



第203話・沈む集落(後編)~ゲンは閃いた。この旅館をこのまま水没させるのも惜しいし、地域住民の問題を解決させる策を。


『所感』~今回の配信から『解体屋ゲン』を読まれた方も居ると思いますが、このアイディアからの逆転というのが『解体屋ゲン』たる所以だろう。


 今回は旅館と介護問題を同時に解決させる…というものでしたが、世の中『こういう考え方』が大事だったりする。生きていれば様々な問題に直面するけど、直面しちゃダメなんですよね。横から簡単にすり抜けられる場合もある。





第204話・サンタがたくさん~有華はサンタコスしてはりきっておられます。ゲンさんの年末はサンタで決まりだね!!


『所感』~ジョージ富田!!


 むしろポックンはコッチの方にビックリだよ!!登場当時はキレイなホリエモンみたいな印象でしたが、回を追うごとに人情味を増してきたなあ。長期連載というのはキャラが思わぬ変化をしますね……。


 男はみんなサンタコスが好きですが、女教師もバニーガールも女子高生も巫女さんもみんな好きなんです。男の子ってヤツは美人な保健室の先生にメチャクチャに犯されたいという願望を全員持っているのです。一人の例外も無く。



第205話・仕事収め~仕事収めで正月休み突入…と思ったら緊急の仕事が入ってしまった!!シロアリによって損壊寸前の鳥居をなんとかする!!いやいや、初詣に間に合わせろとか無理ゲーだぜ!!どうする!?


『所感』~読みながら『本当にどうするんだよ…』と思ってしまった。マンガというのはアンサーが大事でぶっちゃけ読者のほとんどは『間に合うに決まってんじゃん』と理解しながら読んでいる。読みたいのは『結果の如何』でなくて『どのように切り抜けるか?』なんですよね。


 ……しかし、この回のこの発想はまるで無かった!!



第206話・男の復権~最近、女性陣の立場が強まっていることに危機感を感じてきたゲンたち。『俺たちがいなければ現場は回せない』とアッピールするコトを思いつきますが…?


『所感』~フォークリフトって確かに資格取るだけなら簡単なんですよね(持ってたりする)。


 それぞれの立場にはそれぞれの面倒もありますよ、というゲンさんらしい回だと感じます。




第207話・遠隔操作~重機を遠隔操作する…という話にオペレーターとしてゲン・光・ヒデが出向くことになりますが…。ヒデ、得意の回!!


『所感』~この話が描かれたのはだいぶ前ですが、今現在注目の技術ですね~。『解体屋ゲン』は生活のトレンドをめざとくキャッチするのも作品の魅力と言えましょう。


 しかし、オタクベクトルにガンガン進んでしまうヒデですが、何気に『ナスカの地上絵』とかスゴイコトします。フツー何も見ないで描くなんて無理だから!!



第208話・ヘッドハンティング~前回のヒデの活躍はヘッドハンティングに結びつく!!給料三倍のシャア専用ザク待遇だ!!やったね!!


『所感』~何は無くとも出世!!仕事のサクセスに対して意欲の無いヤツはゴミカス!!


 …という考え方の人は存外に多い。そして、出世する人はすなわち『そういう人』なんです。でも、それでいいのかな?というのが『解体屋ゲン』には在って、過去にも『テメェらがバカにしている俺たちが居るから快適な暮らしが出来ているんだろう!!』みたいな発言もありました。当たり前の話ですが、『買う』というのは『やってくれる人』が居て初めて成立するんですよね。現場が好きなんてスゴイじゃないか!!俺なんか働きたくないがお金は欲しいとハッキリ言えるゴミカスだぜ!!







 今回はここまで!!


 残り92話『百足』風に


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp