別な作品…やはり作者な作品            中川ホメオパシー『干支天使チアラット』 - 豚か狼か

別な作品…やはり作者な作品            中川ホメオパシー『干支天使チアラット』

中川ホメオパシー『抱かれたい道場』
10 /04 2016

 マンガに対して読者はワガママなもので、いつもと同じようなマンガを描いていれば『変わり映えしない作風』と飽きられ、しかし極端な路線変更をすれば『この先生に期待してたのはこういうのじゃない』と言われたりする。キックとパンチの物理攻撃で倒したくなるようなクソ上司のような存在でもある。



 『別な作品だけど、やっぱり作者が描いたと感じる』


 ……という無理な要求に応えるのがマンガ家のツライところだ。が、やってのけるからこそのマンガ家でもある。例えば横山光輝先生などの守備範囲の広さは異常とも言えるが、同時に横山先生の作品というのは常に感じる。ジャンルで言うとギャグマンガ家はさらにハードな要求になる。でも、やってしまう。中川ホメオパシー先生のマンガはそれが先鋭化されている。



 20160598.jpg



 ところで『セーラームーン』は①自転車を盗難して②二人乗りして敵を追跡したコトがある!!


 …というのを知っているかい?が、個人的にはこれはアリで楽しかったりする。『セーラームーン』という作品が歴史的名作になったのも『今までと同じようで違う』というトコロはあると思うんですよね。ちょっと、ズレたヒロインというのは新鮮だし、意外にそれまでは無かった気がする。



 20160593.jpg


 …というコトで今回は 中川ホメオパシー先生の新境地!!『干支天使チアラット』です。


 あ…こらアカンわ!!


 …というのが第一印象だったり。確かにヒロインを前面に出して確かにカワイイのですが、相変わらず狂っておられます。やっぱり中川ホメオパシー先生の作品でした。



 が、コレがいい。この作品には満足しているし、できれば多くの方にオススメしたい面白さだ。つーか、読め。おそらく中川ホメオパシー先生を知らない方は『おおげさに言っているんだろ?』と思って衝撃を受けるだろう。『プリキュア』とかが好きな女の子が間違って読んだらショックで熱を出すかもしんない。まあ『チアラット』はこれでもおとなしめだったりするんだけど……。



 このマンガはヒロインのかわいさが前面に出ている……とは書いたものの、全員アチョーな習性をもっていたりする。自転車盗難がヒロインのだとすれば、軽くブッちぎっていやがります。主人公のレミからしてアレなんですが


 20160594.jpg


 おそらく一番マッドクルクルパーなコ・牛尾くるみ


 20160597.jpg


 三人の中ではマトモと思わせてショタ好き疑惑のある・虎縞コハク



 が一巻まででは登場しております。今現在はもう一人増えてますが、最終的に12人の大所帯になるんでしょうか?




 中川ホメオパシー先生のマンガで楽しいトコロは『読めば読むほど味が出る』というスルメ感ではありますが、このマンガも細かいトコロが本当に行き届いている。フツーに読んでも面白いが、二回・三回と読み返したくなるような中毒性は今までどおりです。




 20160596.jpg



 まあ、一番ツボったネタはコレだったりして、実はこのネタだけで俺は買って良かったなとか思っているのである(ゲスいなぁ)。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp