謎の美少女(但し、ティーンズロード系)       中村勇志『六道の悪女たち』       - 豚か狼か

謎の美少女(但し、ティーンズロード系)       中村勇志『六道の悪女たち』      

週刊少年チャンピオン
10 /08 2016
20160603.jpg



 『先生、俺…ラグビーやっときゃ良かったかな?俺、俺よぉ……』



 

 今、『スクールウォーズ』観ているんですが、やっぱり自分の中でのベスト作品だな~。まあ、今初めて観たらギャグにしか見えない人も居るだろうけど、上記のようなセリフを自然に言わせるまでの組みたてが非常に丁寧なんですよね。あと、『この物語は俺たち側』というのがあって、彼等の持つ劣等感とか苦しみとか常に俺たち目線であるのが嬉しい。




 来週の『六道の悪女たち』は表紙&巻頭カラーというコトで、この作品にかかる期待も大きい。



 自分としては『俺たち側のドラマ』を期待しているトコロがあって、例えば謎のヒロイン乱奈(たいがいにDQNネームだよな)の『なぜ?』を掘り下げると嬉しかったりする。


 彼女の家庭環境は?

 彼女の普段の暮らしぶりは?

 彼女はなせ高校に入学したのか?

 彼女はどうしてそうなったのか?

 彼女は何をしたいのか?


 ……等々が読者の共感を得るものだと嬉しい。マンガというのは『所詮は低俗な大衆娯楽』でしかないのですが、そういう俺たちの明日への活力という役割を果たすという意味では大きい。俺は『マンガは日本が世界に誇る文化!!芸術!!』という言葉が大嫌いでね、だってそれじゃ俺たち側じゃないもん。持たざる者の側がマンガなんだから。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp