本当の自分を探すんだ       安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』 - 豚か狼か

本当の自分を探すんだ       安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』

週刊少年チャンピオン
10 /16 2016

 前世紀末あたりに流行った『自分探し』とは一体なんだったのだろうか?本当の自分?良く分からないぞ!!



 そもそも『本当の自分』=『社会に有益でスゴイ俺』とは限らないだろう。これ、冗談抜きに『危ない』のよ。このブログはマンガメインだからマンガの尺度で考えるけど、それでも。


 ヒットを飛ばしたマンガ家が次回作で『本当に描きたかったものを描くと失敗する』というのは多い。まあ、マンガは当たるよりハズレのが多いという理由もあるんだけど、これを読まれている方にも心当たりはあるんじゃないかな?




 20160624.jpg


 本当の自分をカミングアウトしているとしか思えない安部先生の明日はどっちだ?


 『イカ娘』ではまず描かれなかったお色気ユーモアがガンガンどころかメインになってます。これはもうガチです。このマンガ、お色気ユーモアでやる気なんや!!そもそも前作の『イカ娘』は舞台が海の家にも関わらず、色気は抑え目だったからなあ……。『このアッサリ淡白なのが良い』というのも支持されるトコロではあったが、次回作の『ふしぎ研究部』はダイナミックに変貌を遂げてます。初代マッドマックスから二代目ぐらいに。



 …と言っても、自分としてはやっぱり『イカ娘と変わんないじゃん』よりは、今みたいにアクセルベタ踏みしてコースアウトしてしまうぐらい攻めのが読んでて楽しいのも事実です。



 まあ『イカ娘』の連載中に他作品のチャンピオンオーラにあてられて安部先生の『本当の自分』が目覚めたのかもしんない。我慢はカラダに良くないもんな。



 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp