生命線キャラ     安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』 - 豚か狼か

生命線キャラ     安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』

週刊少年チャンピオン
10 /21 2016


 三代目カツオの富永み~なさんは演じるにあたってのプレッシャーはハンパではなかったそうです。


 というのも皆さんも実感すると思いますが『サザエさんというタイトルなのに、要はカツオ』というコト。話を面白おかしく転がすキャラはカツオなんです。キャラクターの使い方というのは奥が深い。



 20160633.jpg



 『サノバウィッチ』というエロゲーが大好きなんですが、この作品もまた『そういうキャラ』がいる。エロゲーというのは『好きなキャラがあなたのヒロイン』というスタンスですが、この作品は綾地寧々がメインとして別格の扱いになっている。が、因幡めぐるというキャラがカツオの役割を果たしてストーリーを面白おかしくしている。この作品におけるオカルト研究会という集まりは他のヒロイン三人も主人公もアクティブなキャラでは無いのだ。おっとりしている。



 今回の『フシケン』(勝手に作った略称。フジケンのニセモノっぺえのがいい)はそんなカツオポジションの千晶がスポットになっている。


 確信したけど、この作品の生命線は彼女です。彼女抜きのエピソードもそのうち出ると思いますが、基本は彼女が回すのであって、大祐はそこまでアクティブにはならない。だけど、それが面白いマンガなんですよね。乱暴な言い方をすればことね先輩か鈴が抜けても安倍先生のテクニックでなんとか運転できそうなんだけど、彼女抜きは根底から覆っちゃいそうな勢いです。


 この作品のエースは千晶だな~。好きなキャラはだけど。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp