渡辺航・弱虫ペダル・第420話『二人のクライム』 - 豚か狼か

渡辺航・弱虫ペダル・第420話『二人のクライム』

渡辺航『弱虫ペダル』&『弱虫ペダル SPARE BIKE』
10 /23 2016

 初代ウルトラマンの『地上破壊工作』の回で、地底人はハヤタ隊員を捕らえ洗脳し、ウルトラマンに破壊活動をさせようとしていた。『いよいよ憧れの地上が自分のものになる!!』と。しかし、ウルトラマンに変身した時にまばゆい光によって地底人たちは滅びてしまったのだ…。



 





 ええっと、『君の名は。』は実は観に行っていたし、納得の大ヒットです。気になる点はいささかあったものの、これをディスったりしたら『自分が矮小で嫉妬深い人間』と言っているようなものです。ですが、自分にとってはまぶしすぎるなあと。ええ、これを観て消滅した地底人を思い出しました。



 さておいて。


 この作品の魅力として『美しい画像』というのはあると思います。新海監督はエロゲー時代からスバ抜けてましたが、本当にキレイだ。まぶしいぐらいにキレイすぎるから、みんな欲しがるのだ。ひょっとするとそう遠く無い未来に『撮影した画像を新海監督風に変換するアプリ』というのも登場するかもしんない(すでにしているかも)。




 20160631.jpg


 渡辺先生の絵はカラダのパーツ比率がリアルに沿ってない。シーンによってコロコロ変わる。計算でなく、勢いで描いている。



 …と思う。しかし、『だからこそこれからの時代に適合する』んじゃないかと思ってます。



 ストーリーやキャラのメンタルによってコロコロ変わる……こいつはどうしたってプログラミングなどできない。その人しか手に出来ない。ネットの発達により技法はあらゆる吸収が良くなり、イラストのレベルは全体的に底上げされた。それはもちろん歓迎することだけど、さらにリードを出すには『そういう要素』だと思ってます。



 『アナタだけしか描けませんよ』



 …というのも絵の魅力で、これからはそれがもっと浮き彫りになる。



 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp