忌み嫌われるが故に            安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』 - 豚か狼か

忌み嫌われるが故に            安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』

週刊少年チャンピオン
11 /26 2016


 日本においての数少ない宗教戦争というのはやっぱり『島原の乱』なのだろうか?


 これに関して思うトコロはイロイロあるんですが『圧迫したが故に純度が高まった』というのはあるだろうな~。『踏み絵』という考え方そのものが日本人っぺえなあと思うと同時に、圧迫されたが故にどんどん好きになっていくというのはあるんですよね。


 自分もガキの頃はマンガばかり読んでいるのを心配した親が全部没収して読ませないようにした。今、マンガブログやっているのはこういう経験があるからだと思います。仮にマンガを読むコトが国家反逆罪になるとしても俺はマンガを読むのだけはやめられないはずだ。もし、取り上げるなら殺す気で。俺も殺す気で抵抗させてもらう。俺にとってのそれは生命の危機に等しいのだ。



 20160706.jpg



 『フシケン』は三人のヒロインですが、自分が鈴派な理由を今回分かった。このコは『好き』に対する純度がとても高いんですよね。なせ、オカルト関係が好きかは分からないけど、この濁りの無さが自分は好きです。



 そのポイントとしては大祐が松子を独り占めしようとした時に『もめる』んじゃなくて『むしろ嬉しい』というリアクションを見せたトコロだ。このコは本当に濁ってない。これはとてもすごい資質なんですよ。



 好きというのは障害を伴うコトが多い。好きです→ハッピー!!なんてならない。好きでいられるコトを試されるんですよね。日常のあらゆる場面に於いて。このコはそういう困難に負けないコであり、それが魅力なんです。



 ……それにしても、このマンガで引っかかるポイントもあって『何かとことね先輩の催眠術』というのが今後の運行に差し支えないかと。催眠術がかなり便利に使われている。これが催眠術ならなんでも出来るの『ロストブレイン』だったらアリなんだけど……。


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp