孤高            板垣巴留『ビースターズ』 - 豚か狼か

孤高            板垣巴留『ビースターズ』

週刊少年チャンピオン
11 /27 2016



 『上から目線で~』みたいな文句の付け方は好まない。経験から感じるのであるが、それを言う人は①自分は対等かそれ以上だと思っている②自分が上の時はそんなことは言わない③そもそも人の居る位置は高さが違う。


 『孤高』という言葉があって、高く立つ人は孤独でもあると捉えているんです。優秀な人ほど少なくなって、究極的には孤独になるだろう。そんなに上から目線を嫌うもんじゃない。本当に上の人は孤独なんかもしれないんだから。そして気高く。




 20160709.jpg



 今回の『ビースターズ』はルイ先輩の孤高の輝きが描かれていた。


 セリフからするとどうやったらこんなイヤなヤツになれるんだ?とか思っちゃうんですが、これは巴留先生の力量だな~。あんまり嫌味に感じ無いどころか彼の気高さすら感じる。



 孤高の人というのはやっぱり住む世界が違う。



 だけど、それがイコール幸せや充実に結びつくとはかぎらないんだぜ?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp