正しさを疑え        瀬口忍『囚人リク』       - 豚か狼か

正しさを疑え        瀬口忍『囚人リク』      

瀬口忍『囚人リク』
12 /12 2016


 子供には『良い子』に育ってもらいたいというのは当然であり、なので特に幼い時は道徳的なものが溢れる。学校の授業もそれを意識する。まあ、当然だ。



 だが、疑え。


 『帰ってきたウルトラマン』(またかよ)に『悪魔と天使の間に…』というエピソードがあるんですが、ガキの頃に衝撃を受けたなあ……。こういう概念はとても必要だ。悪いヤツというのは善意を食い物にするんです。悪意というのはね、後出しジャンケンみたいなトコロがあるんです。その概念を知らないと喰われるのだ。




 20160741.jpg



 さて、内海登場だ。


 内海はタチが悪い。復讐だけけが生き甲斐で、この緊急時においても命を優先させてないから。リクたちの『まばゆいばかりの正しさ』をコケにするのが目的だから。その過程を経て破滅させるのが望みだから。



 リクは自分の持つ『正しさ』を常に貫いてきたし、それが作品の魅力であるのは疑いも無い。だけど、その『正しさ』が通用しない相手も居るし、逆に食い物にする人も居ますよ……というコト。正しさというのは本当にか弱い。それを概念として知っておくというのは大事なコトなんです。



 それとは別に、瀬口先生って内海のコト楽しんで描いているとしか思えないなあ。コイツはとんでもないゲス野郎ではあるんですが、自分もまあ嫌いじゃなかったりする。




 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp