逃げるし隠れるし          板垣恵介『本部道』 - 豚か狼か

逃げるし隠れるし          板垣恵介『本部道』

週刊少年チャンピオン
12 /15 2016


 『だったらやるなよ』

 『逃げるな』

 『負けたままでいいのか』


 ……等々の『押しつけ極論』というのがある。これを発するヤツには近寄ってはならない。関わらないとダメなら最低限にして、心の中では思いっ切り軽蔑するけどね。だって、俺の人生なんだし。


 この『押しつけ極論』はなぜ従わないかと言えば、『他の選択肢を与えない』のがフェアでは無い。まあ、この手の論調はどんどん廃れていくだろう。もう、通用しない時代になっている。



 20160750.jpg



 今回の『本部道』はなかなかに痛快な名言が出たな~。


 そう、『逃げも隠れもする』のになぜいけない?というコト。逃げも隠れの選択肢を取り上げようとしているイイ気になっているヤツに対しての続く言葉が面白い!!これは痛快だ。


 例えば『いじめ問題』って誰もアテにならないというのが問題なんですよね。それを『逃げるな』とか『隠れるな』とか言っているヤツはどんだけ恥知らずなんだよと思いますよ。俺は。だけど、反撃のチャンスがあったら『ガンガンしてもいい』んです。自分が損しないように考えてね。真正面からぶつかって勝てないの知ってて押し付けてくるヤツには相応ののコトをしても気に病むコトは無いんです。



 但し、理性は持つ。武蔵のこのセリフは実に理性的だ。






 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp