カッコいい!!憧れる!!          望月三起也『バサラ戦車隊』 - 豚か狼か

カッコいい!!憧れる!!          望月三起也『バサラ戦車隊』

マンガレビュー
12 /31 2016


 さて、今年最後のマンガ記事です(まあ、明日もフツーに更新してますが)。



 今年を振り返って、最後に書くなら何だろう……と考えるまでも無かった。やはり書きたいのは『望月三起也先生のこと』だな~。今の方どころか、自分の世代でも望月先生の作品を読まれている方は少ないんですが、そうじゃない……大事なのはそうじゃないんですよね。


 前にも書きましたが、初めて触れた時はジャンプとか話題作を中心に読んでいて、それだけじゃ満足できなくなって古本屋巡りしてたんですよ(当時はブックオフなんかなく個人経営が主)。で、『ワイルド7』というタイトルを知るんですが、『どうせ昔のマンガだろ?あしたのジョーみたいなのは例外で新しいマンガが面白いに決まっている』って浅はかに思っていたんです。


 …衝撃であった。


 『俺は何をイイ気になっていたんだ?』と思った。『ワイルド7』という作品はとても思い入れが深く、一言で語れないのだが、とにかく衝撃であった。望月先生のマンガは他に似ているマンガ家が居ない。居たとしたら、それは望月先生から影響を受けたと思うし、現在の新人作家で影響を受けている方はちょっと知らない。


 絵柄の好みは別として、とにかくレベルが高い!!そして『少年マンガとしての熱さ』である!!主人公・飛葉がカッコいいのだ!!彼は悪党であるはずなのに、理想のヒーローとして俺は共感した!!



 RIMG0988.jpg



 さて、この『バサラ戦車隊』ですが、その膨大なキャリアの中でも終盤であり、望月先生が73歳ぐらいに描かれた作品です。







 RIMG0989.jpg


 このままでは皆殺しだ!!俺を見捨てて戦車を優先しろと叫ぶ兵士に



 RIMG0990.jpg


 主人公・司馬は『いいね~軍人だね~』と悪態をつくが…


 RIMG0991.jpg


  それは彼の皮肉で勇敢にもカラダ一つで敵戦車に立ち向かい、機転を利かせて退ける!!




 嬉しかった!!


 『ワイルド7』で描かれてきたカッコ良さは73歳という高齢になっても貫かれていた…というコトに。カラダ一つ、ピンチも知恵で切り抜ける……という望月先生のマンガは変わらず貫かれていた。



 RIMG0992.jpg


 ワルぶっているけど、男らしさという点において望月先生みたいにカッコいいマンガは最高峰でしかない!!



 そして、望月先生は最後の試練に対しても


 



 笑顔で臨まれた望月先生。マンガだけじゃない、望月先生は最高にカッコいい男でした!!いつまでも自分の憧れです!!今まで本当にありがとうございました!!これから先もずっと憧れなのは変わりません!!
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp