一応はマンガブロガーなんで          山田胡瓜『AIの遺電子』 - 豚か狼か

一応はマンガブロガーなんで          山田胡瓜『AIの遺電子』

週刊少年チャンピオン
01 /03 2017



 『エゴサーチなんてみんなやってますよ!!当然です!!』


 ……とまあ、機会に恵まれて某ベテランマンガ家さんと会話して、その言葉は衝撃であった。それまでは『惑いが出るから見ない』とか『自分は自分』とか敢えて見ないとばかり思っていた。まして、その方の描いている雑誌は年齢層がいささか高めで、マンガ家さんたちも年齢高めな方が多かったので。



 その瞬間、『エゴサーチをしていないのは水島新司先生ぐらい』という偏見が芽生えた。



 RIMG5664.jpg


 今週の『AIの遺電子』は胃に悪い。キリキリするぜよ…。


 まあ、一応はマンガブログであるからにして『少しはマトモなコト書け』という意識は持つようにしている。ボクは感じたままに自由に書く…というのもアリなんですが、それだと俺は馴染まない。満足できない。



 フルコンタクト実戦マンガ記事という『空手バカ一代』からの悪影響は容易に離れないのだ!!少しでもマンガへの『理解』に近づきたい!!『空手バカ一代』では弟子の芦原が『そのダンスみたいなの、それもしかして空手?』と挑発して、アチョーと極真空手で叩きのめすのですが、そう在りたいのだ!!(バカみてぇ)



 お前は何と戦っている?と言われそうだが、マンガはバトルなンだ!!今年もマンガについて書いていきたいと思います。アタマ悪くアチョーなノリで。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp