あのコはヤリマン         板垣巴留『ビースターズ』 - 豚か狼か

あのコはヤリマン         板垣巴留『ビースターズ』

週刊少年チャンピオン
01 /15 2017




 大ヒットマンガ『頭文字D』ですが、引っかかっている箇所がある。 前半ヒロインの茂木なつきだ。


 ヒロインなのにヤリマン


 …という設定。やはりマンガは不特定大多数の読むものなのでコイツはかなりのマイナス要因だ。せいぜい『ヤリマン疑惑は誤解でした』どまりにしておきたいトコロ。ただ、しげの秀一先生が『作品中、最も描きたかったコト』という気がして引っかかっているのだ。事実、茂木なつきが作品から退場してからは掲載ペースが悪くなり、作品そのものも熱が無くなってきた。


 描きたいモノを描いたら売れない…というマンガが抱えるジレンマだな~。



 2017028.jpg



 『ビースターズ』もヒロインにヤリマン疑惑が挙がってしまい、勇チャンはハアハアしながら読んでます(最悪だ)。


 このマンガ、見かけはそれこそ子供が喜びそうな『動物メルヘン』なんですけど、イロイロとオカシイ(誉めてます)。巴留先生はそんなリスクを背負ってまで、なぜそんなヤリマンに作家性命に賭けるのか?分からない。アレか、最近流行りのネトラレとかいうヤツか?分からない…ボクには分からないよ!!



 ただ、作品は間違いなく面白いと感じているのでこのままアクセルを遠慮なく踏み込んで突っ走ってもらいたいです。コーナー曲がりきれなくてダイブしようとも。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp