故障           掛丸翔『少年ラケット』 - 豚か狼か

故障           掛丸翔『少年ラケット』

週刊少年チャンピオン
01 /17 2017



 現実には『ダメ』だけどマンガなら『アリ』の要素に『スポーツマンガの故障者』だろう。


 これは読み手を熱くさせる!!昔の野球マンガだと『肩に負担がゲキヤバなんで一試合三球までとかね。もちろん破ることになりますが、これは熱い!!



 2017032.jpg



 『少年ラケット』の面白いトコロはリアル強調なトコロにちょっぴりのマンガ的ハッタリだと思います。そして、今回は『故障』です。この『故障』というのは『巡ってくるチャンスがさらに絞られる』というのがあるんですよね。


 スポーツマンガにおいて『野球最強論』を唱えている自分ですが、さらに絞ると『高校野球』になる。プロは『一回負けても特に困らない』というのがあるんで、故障があったら『壊すより休め』のが説得力あるんですよ。一回無理して壊して、その後は連敗とか『やっちゃいけない』し。まあ『治るまで出られなかったので負け越しからの逆転』からの『爆弾を抱えてスリリングな展開』というのもできますが、学生の『トーナメント戦は一回も負けられない』にはかなわないです。


 とりあえず、宮原兄の故障の理由が知りたいけど、いずれ描かれるのかな?



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp