人として生きてみせる          木佐貫卓『マル勇 九ノ島さん』 - 豚か狼か

人として生きてみせる          木佐貫卓『マル勇 九ノ島さん』

週刊少年チャンピオン
01 /21 2017


 ボクも一人の人間として生きて見せる!!ウルトラバッヂの力にはもう頼ったりしない!!


 『ウルトラマンタロウ』の最終回、主人公の立てた誓いがとても好きです。ウルトラシリーズは一見ウルトラマンに人間が守ってもらっているのですが、『ちっぽけな人間だけど、だからいいんだよ』と描いているのが好きです。



 2017052.jpg


 まとめに突入した感のある『九ノ島さん』ですが、最終的には『ちっぽけな人々、だけどその人々の意志から紡ぎだされた糸はとても強いんだよ』というアンサーが出たのは嬉しい。


 そう、嬉しいんだ。


 マンガを読んでいて『楽しい』というのはあるし、それは他の娯楽でもあると思う。なんだけど、自分がここまでマンガに惹かれるのは『嬉しい』があるからだろうな…。人というのはとてもちっぽけなものです。だけど、どこかの誰かが『嬉しい』をくれたら、ちょこっとだけ頑張れると思うんですよね。で、そのちょこっとも束になればとても強靭だ。マンガのそういうトコロが自分は好きです。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp