絵作り       安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』 - 豚か狼か

絵作り       安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』

週刊少年チャンピオン
01 /22 2017



 マンガで欠かせない意識として『見てもらうもの』というのがあって、俺のマンガを『見ろ』という意識で描かれてしまっては面白くならない。それを相手にへりくだっていると感じるならば、マンガを続けるのは難しいんじゃないでしょうか?マンガはサービス業だと自分は感じてます。



 2017045.jpg


 今回の『フシケン』は大祐が部室に来ないというコトで三人が探すエピソードになってますが、今回の絵作りは安部先生のサービス精神が顕著に出ている。


 1コマに三人の顔が入っているシーンが多いけど、そのリアクションが三者三様で面白い…というコト。


 ここに『キャラを感じる』というマンガならではの楽しみがある。小説だとビジュアルに出来ないし、アニメだとマイペースで見れないというコト。この三者三様の表情は『アナタがジックリ楽しんでください』というネームになっているのがいい。


 まあ、経緯はどうあれ、こんなカワイコちゃん(死語)揃いの部活は俺なら辞めないよ…。鈴かわいい。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp