弱さとかダメさとか            相崎うたう『どうして私が美術科に!?』 - 豚か狼か

弱さとかダメさとか            相崎うたう『どうして私が美術科に!?』

まんがきらら系
02 /01 2017


 きらら記事だというのに、いきなり『修羅の門』からスタートですが。


 キメセリフが『陸奥圓明流千年の歴史に敗北はない』というだけに絶対に負けない主人公なんです!!負ける時は死ぬ時という訳ですから、続巻が出る以上は絶対に負けない。
 

 が、この主人公・九十九はところどころで『弱さ』とか『ダメさ』とか出る。対不破北斗戦(単行本10巻)では死んだ兄を思い出して思わず泣いてしまった。で、俺は言うとこの主人公・九十九が大好きである。それなりにマンガは読みましたが、トップクラスに思い入れのあるキャラです。


 ただ、九十九に『そういう面』が描写されなかったら、そこまで好きじゃなかったと思うのです。マンガのキャラというのは総じて凡人以上のスペックが与えられてますが、それだけじゃ感情移入はできないと思うのです。『弱さ』とか『ダメさ』があるから惹かれると思うんですよね。




 2017068.jpg



 そして、ダメキャラの総合デパートと言っても遜色ないのが 相崎うたう先生の『どうして私が美術科に!?』であり、勇チャンの大変お気に入りマンガだ!!単行本一巻ももうすぐ発売だぜ!!(3/8)


 『コイツ等、本当にダメだな~』


 …とか思いながら毎回楽しく読んでます(酷いなあ)。



 だけど、『弱さ』とか『ダメさ』ってそんなに悪いコトなのかな~とも思うんですよね。そういうの『まあ、いいか』と思えるぐらいの空気が丁度いいんです。そして、同時にそういうコって応援したくなりますよね~。



 2017070.jpg


 今回は…


 2017069.jpg


 一見、他人に関して無関心でヤル気なさげな黄奈子にスポットが当たってますが……



 2017071.jpg


 突飛な出来事にメチャ弱かったり


 2017072.jpg


 実はかなり結構小心者だったり



 と弱さダメさをさらけ出してます。


 
 他の人はどうだか知らないけど、自分は今回の件で『黄奈子がだいぶ読者にさらけ出してくれたな』とちょっと嬉しいものがあります(なぜか)。マンガのキャラというのは『創造物』と考えている方も多いと思いますが、自分は『生き物』みたいに捉えているトコロがあるんですよね。『居る』という感覚で。



 よくマンガ入門書に『マンガはキャラクターだ!!』というのがありますが、それは『カッコイイことを描け!!』じゃないと思います。極論すると『弱さ』とか『ダメさ』があって、初めて魅力的になるんじゃないかと。そんなコトを描いたら読者に嫌われる?ンなコトは無い。読者はそんなに冷淡じゃない。それを信じられたマンガ家さんが『弱さ』とか『ダメさ』をさらけ出せるのだろう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp