トミナガ成長物語            芹沢直樹『バイオハザード ヘヴンリーアイランド』 - 豚か狼か

トミナガ成長物語            芹沢直樹『バイオハザード ヘヴンリーアイランド』

週刊少年チャンピオン
02 /02 2017



 キャラクターが成長する!!


 …とまあ、そもそもに『成長』というのは楽しいものなのだ。誰しもが何かをやってみて伸び盛りの時の楽しさを覚えているように(たいてい壁にブチ当たって止まるのだが)、そういう充実感は代えがたいものがある。



 2017083.jpg



 今回で終了の『バイオハザード』ですが、トミナガの成長を楽しく読めた。ゲームそのものは初代を少し程度なんですけど、かなり結構な感じに芹沢先生の持ち味を活かせたオリジナル展開だったと思います。


 そう、トミナガの成長にワクワクしてました!!


 で、振り返ってみると『最近のマンガはキャラの成長ってあんまり描かない…?』とも感じたり。いや、もちろん描かれているけど、その成長に『説得力を持たす』という意味で。最初は頼りないトミナガが、非常事態に直面して、様々な試練を乗り越えて、強くなっていくさまは実に丁寧でした。


 思えばデビュー連載の『迷探偵 史郎シリーズ』はDQN主人公でしたが、なんだろうね~。芹沢先生の主人公って『なんだかんだ根が優しい』んですよね。だから安心して読める。


 次は是非ともオリジナルでチャンピオン誌に描いていただけると嬉しいです。あるいは『帰ってきたサムライマン』でも可です。俺も『サムライマン』には思い入れがあるんでリベンジして欲しいんだけどなあ…。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp