裏切ったりしてないよ?           佐藤タカヒロ『鮫島、最後の十五日』 - 豚か狼か

裏切ったりしてないよ?           佐藤タカヒロ『鮫島、最後の十五日』

週刊少年チャンピオン
02 /11 2017


 このブログってマンガ題材だけどイロイロやってますやん?萌え萌え作品から、オヤジマンガの『解体屋ゲン』とか、たまに『のらくろ』ぐらいに古いマンガも出るし。単純にマンガが好きなだけなんだけど、外見全然違うように見えて『通ずる』というのもあるんですよね。


 『ポッピンQ』を自分が好きなのって『通ずる』というのがあるんです。


 ダンスシーンとかカワイイキャラとかが『売り』だと思うのですが、自分がツボったのは『ドラマ』の部分にあります。かなりご都合展開の目立つ作品なんですが、『ドラマをとった』という気がしてならない。ドラマそのものは実に良くできていると思うのです。が、このドラマに関しては『新しい価値観の発見』というものでは無い。主人公・伊純のラストのセリフなんかが象徴的ですが『よくある』であり、むしろ大人になった人は『そんなコトに振り返ったりしちゃいけない』のが『ポッピンQ』のドラマなんですよね。


 だけど、世の中イロイロな人が居て、『普通の価値観』を突き詰めて欲しい…というのもあるんじゃないでしょうか?


 2017090.jpg



 佐藤タカヒロ先生の描くドラマもまた『新しさは無い』のが良い。


 当たり前じゃん、と思っているコトを失念しちゃうコトがあって、自分は『それはとても恐ろしいコトだ』と思ってます。


 今回のドラマは常松の『憎しみ』であった。なんつーか、相撲に対して彼が憎しみがある…というのも分かるんですよね。そして同時に深く愛しているというコトも。なんで人間というのはこんな不合理な感情を持っているのか?


 『だけど、相撲そのものは敵でも無いし、裏切ってもいませんよ』


 …という気付き。これが今回のドラマの軸だ。これがいい。



 『ポッピンQ』も『好きなものが楽しめなくなったり、背を向けたりする』のですが『裏切ってませんよ』という気付きからドラマを展開しているのがいい。



 こういうのに古いも新しいも、作品ジャンルも無い。『俺はそれを信じたい』という気持ちが大事だと思います。好きなモノは好きとハッキリして良いんですよね。それを『理解できない人』から揶揄されても気にするこたぁ無い。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp