男ゴコロのわかるマンガ!!(ダメ男の)          板倉梓『間くんは選べない』 - 豚か狼か

男ゴコロのわかるマンガ!!(ダメ男の)          板倉梓『間くんは選べない』

マンガレビュー
03 /08 2017
 他の人はどうだか知らんけど、自分は作者の性別って割と重要です。同じ内容でも


 男性の作者→ンなこたぁ分かっている!!じゃかぁしい!!

 女性の作者→ああっ、分かってくれて嬉しいな!!


 …と印象が異なる。もちろん逆のケースもありますが、性別というのは超えられない壁ですよね。



 自分が板倉梓先生の作品が好きな理由はここにある。板倉先生は男ゴコロを良く分かっている。特にダメ男の弱さを良く分かっている。自分もダメ男の部類であるからにして、これが『嬉しい』のだ。性差別だなんだ言われようと、これが男性作家の作品だとやっぱり印象違うなあ……。


 『そういうダメ男が居る』というのを知ってくれるというのが嬉しいんですよね。救われた気持ちになる。



 2017150.jpg


 さて、今回の板倉梓先生の作品は『間くんは選べない』という屈指のダメ男作品に仕上がってます!!



 ストーリーはモテない間くんが…


 2017152.jpg


 神がかりなタイミングで



 2017151.jpg


 カワイイ子二人と同時交際が始まってしまう…というものです。ピクシブコミックでも試し読みできますよ!!



 で、これがまた『よくぞここまでダメ男を描いてくれる』というのがある。いっそね、間くんはクソ野郎なんでケツに爆竹つめて爆破してぇ…ぐらいに思えればいいんですが、その『弱さ』がどうにも『嬉しい』んですよ。別に『そういう状況になったら仕方ないよね』という『許し』が欲しいんじゃなくて、ただ『そういう弱さを知ってくれている』というのが嬉しいんですよね。



 強いヤツも弱いヤツも世の中には居る



 …というコト。それはおそらく強いヤツには実感の無いコトだけど、弱いヤツには『恐ろしい現実』であって、とても恐ろしいコトなのです。そういうのを『知ってくれている人が居る』というコトが嬉しいのです。



 …と言っても『作品は滲み出るもの』というのがある。板倉先生はよくコミティアに出展されているので一度質問したコトがある。



 『好きなおそ松さん兄弟は誰ですか?』



 …と。答えは『やっぱり!!』と思わず声にした程にビンゴであった。やはり作品は語る。ダダ漏れである。マンガは恐ろしい……。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp