次回作への期待           渡辺義彦『ブラザーホリックJK』 - 豚か狼か

次回作への期待           渡辺義彦『ブラザーホリックJK』

週刊少年チャンピオン
03 /12 2017

 俺は格闘マンガが描きたい!!だからこればっかり研究しているし、実際に格闘技も習っている!!


 …としているマンガ家さんがいたとしても『だからと言ってそれに適性があるとは限らない』というのもマンガのま面白恐ろしいトコロであったりします。


 こればっかっりは、書いている本人も敏腕編集さんも、まして読者も『分からない』のがマンガの適性だ。



 2017163.jpg



 さて、今回『ブラザーホリックJK』の読み切りで帰ってきた渡辺義彦先生ですが、この人の描く女性キャラは『実にマンガ映えする』のよ~。ここで誤解いただきたくないのは『萌え系』とちょこっと違うという意味で。


 今のチャンピオン誌だと『ラブコメ成分』が不足しているような気がするので、ここら辺を渡辺義彦先生にお願いしてみてはいかがだろうか?


 ただ、これが重要なんですが『モテモテハーレムにしてはいけない』というコト。これは渡辺先生に向いてないような気がする。そして、そろそろ『モテモテハーレム』は普通にマンガ読む層からもオタク層からも『ちょっと古いな』と感じてきているであろうこと。ええ、手厳しく言えば『飽きた』というヤツです。



 当ブログで注目しているのが『寄宿学校のジュリエット』ですが、この作品は主人公が『バカで熱い』トコロが魅力的に描かれている。そして、事実『売れている』というコト。そう遠く無い未来にアニメ化もするし、ラブコメのトレンドも原点回帰になりそうな予感だ。


 渡辺先生だと、どちらかと言えばアウトローとか劣等生とかお調子者とかの少年たちを交えた熱いラブコメに適性あると思います。これは本当にやってみなきゃ分からないんだけど、やっぱり読みたいな~。まあ、それが小池一夫先生の『青春チンポジュウム』ほどアレになっても困るンだけど。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp