女性キャラ主役           浦田カズヒロ『JINBA』 - 豚か狼か

女性キャラ主役           浦田カズヒロ『JINBA』

週刊少年チャンピオン
03 /20 2017


 競技・趣味人口の男女比率というのがある。


 自分の趣味で言うと自転車はボチボチであるけど、ラジコンなどに至っては女性ドライバーというのはまず見ない。現実としては40代後半のオッサンばかりである。


 そういう現実があって、マンガだと女性主人公だったりするコトが多くなってる場合がある。オタクに好き勝手やらせるとそうなるものなのだろう。『ばくおん!!』はこれまで男主人公バイクマンガに対して『女子高生』を入れるコトによって『ゆるい』を描き、バイクの敷居を下げる狙いが感じられるのはいいし、これまでのバイクマンガで描かれなかったコトもアプローチしている。傑作だ。


 が、なんとなくウケるからという感じの女性主人公のマンガは少なくない。『女性にした意味は?』というのも盛り込んでこその作品だろう。『弱虫ペダル』は初期段階だと女性主人公という案もあったみたいだけど、編集部の方で男の子という要請があったんだよね…。その判断があったからこその作品成功だと思います。



 これは自分も『なんとなく受け入れてきた』というトコロもあって、反省したいトコロなんですがね…。




2017180.jpg




 そういう意味では『JINBA』という作品は『なぜ女性騎手か?』という部分が実に作品に活きている。


 今回はそれが見事にドラマと融合している。『女性騎手として客寄せパンダ的に見られるコトへの反発』から『ジンバへの理解』というドラマの流れが実にスムーズだ。



 まあ、マンガは娯楽ですから『そういうのでいい』とは思うし、女の子でない『艦これ』などやりたくないしなあ。だけど、『なぜ女性主人公か?』という疑問符は作品に盛り込んだほうがいいのは確かだ。作品に深みを与える為に。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント