趣味の派閥争いマンガ            スーパーまさら・うみのとも『私を球場に連れてって!』 - 豚か狼か

趣味の派閥争いマンガ            スーパーまさら・うみのとも『私を球場に連れてって!』

まんがきらら系
03 /28 2017


 コミケにてブサメンで体臭がキツそうなクソオタ二人が『綾波かアスカのどちらが良いか?』でケンカしだしたという話を聞いたコトがあるが、さぞや醜いものであったと感じる。オタクである俺がそうなのであるからにして、フツーの人にとっては『狂気』の領域であろう。たまに『そんな理由で離婚?』みたいなネタ見るけど、フツーの人にはそれ以下であるというコト。『世界に一つだけの花』を流して浄化しなくては。



 が、その派閥争いはオタクの業とも言える。




 2017200.jpg



 先月のきららマックスから始まった スーパーまさら・うみのとも先生の『私を球場へ連れてって!』が面白い。そんなオタクの醜い業がテーマとなっております。


 2017201.jpg


 ホワイトキャッツのファン・レオナと


 2017202.jpg


 ファルコンズのファン・春子(通称・ファル子)に挟まれてしまった


 2017203.jpg


 まあ、野球のコトは割とどうでもいい・玉チャンが巻き込まれるストーリーになってます。


 世の中あらゆる趣味・出来事があって、その全ての分野で『ンなコトどうでもいいよ…』という人のが多い。そんなマイナススタートの玉チャンははたして野球ファンになれるのか…というのが見どころになってます。



 
 このマンガで面白いのが『接地感』というヤツでして、例えば玉チャンは『お父さん』と呼ぶのに対してファル子は『ママ』と親を呼んでます。きらら系に限らずマンガというのは『あえてリアリティを消してスポットライトを消す』というのがある。家族構成が分からないマンガとかのが多いんですよ。ヤンキーマンガだと下手すると学校がほとんど描かれないなんてケースもあるしなあ(学校の話なのに)。



2017204.jpg


 …あっ、こういう金銭感覚の部分はキチンと描くのかと嬉しい描写が。『きまぐれオレンジロード』の主人公の高校生は毎日のようにヒロインの喫茶店に通っていたけど『そのお金はどこから…?』と結構疑問でした(うるせぇ読者だな)。反面『750ライダー』の主人公も毎日のように喫茶店通いしてましたがガソリンスタンドでバイトしていたのでセーフです(うるせぇ読者だな)。



 2017205.jpg


 なので、ファル子は二話目にしてファン活動のタメにバイトしてたりする…。


 
 コイツ等、ファンとして真っ当な頑張りしてんなぁ



 …と感じられるのが良い読後感を生み出している。好きだから衝突するし、好きだからキツいコトもやれる。そういう部分を描いている誠実さはいいですね。趣味系のマンガは『読者は良い所だけ見たいんだ。苦労とかのネガティブ要素はいらない』なんて方も居るみたいですが、俺は逆に『そういうのを見たい』と思っちゃうんですよね。だって、その先の『嬉しい』がキャラと一緒に共有できるじゃん。


 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp