目              原悠衣『きんいろモザイク』 - 豚か狼か

目              原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
03 /29 2017


 まず、マンガというのは『ラクなやり方』というのが存在しない。いかに『才能』とやらがあっても才能ごときで通用するような世界じゃない。


 が、『自称マンガ家志望』はイージーにマンガを捉えていたりするのが多々あるので『イラァ…』としてしまうコトもある。いや、それを送り出す編集さんもそういう人がたまに居るようだが大丈夫なのか?


 …と前置いたうえでなんだけど『イージーに効果アップする方法』も実はいくつかあったりする。これは経験上『感じた』というコトであって、他にマンガ好き・マンガに関わっている人が『共通している』というコトではないんだけどね。



 『目というパーツ』をウケるようなのを発明する。


 もし、アナタがマンガ家志望でマンガの神様が『ひとつだけ与える』と言ったらコレをお願いするのがサクセスの確率が最も上がるだろう。言うまでもなく、キャラクター絵の最重要は『目のパーツ』なのである。特にマンガに対してアレコレ考えない読者層には最も有効なのだ。


 ただし、それが叶っても『未来が約束される』という訳じゃないのもマンガだ。それを持っていたのに『叶えられなかった』というマンガ家さんは数多い。


 では、どうするか?



 2017207.jpg


 『きんいろモザイク』の原悠衣先生の目もまた『魅力的』である。この目が描かれていると『おっ、原先生の絵だ』と能が認識
してくれる。この作品のヒットに大きく寄与している要素の一つだろう。


 が、勘違いしてはいけない。この作品は長期連載であり、いまだにきらら系のトップ集団を走り続けている作品であるというコト。



 付け加えると原先生は『目の使い方が巧い』というマンガ家さんでもある。そして、それはおそらく才能で得られる類じゃないと思います。



 2017208.jpg


 今回は忍の迷惑な思いつきといういつもの迷惑な話ですが、導入部の目の描き方からして『今回はここからガッチリ掴む!!』というのが明確化されている。



 2017209.jpg


 穂乃花が例によってノッてしまうのですが、ここで面白いコマは後部の香奈です。『またかよ』とか『このコはこういうトンチキなトコロが無ければもっと男子にモテるんだろうな…』というような心の声(これは読者によって様々なのが狙い)をイメージさせるような目が良い。


 2017210.jpg



 原先生特有の『目がやべぇ』というヤツ。そして、ここからの



 2017211.jpg


 アチョー展開で一気にトップギアにシフトチェンジしてます。なので、このコマのカレンはラリッているんじゃないのか?という危険さと対比させて、穂乃花の『目』があるのが面白さを加速させている。



 2017212.jpg


 このコマも迫力ある目になっておりますが、ここから話を収束させてくる…という意味でも重要な役割を持ってます。


 『きらら系はカワイイ女の子が描ければヒットする』とイージーに考える方が居るかもですが、それは参加条件です。レギュレーションだ。レース参加する為に車両規定みたいな。なので、そこに『魅力的な目』が描ければそれは『最高峰のエンジン』を持っているという意味でも違わない。直線ならば誰も追いつけない。素晴らしいアドバンテージを築けるだろう。


 だけど、操作するのはドライバーだ。原先生はアクセルワークがメッチャ巧いマンガ家さんなんですよね。直線が速いだけで勝てるなんて、マンガというレースにはそんなの存在しないんです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp