どうしてこうなった?        板垣恵介『武蔵道』 - 豚か狼か

どうしてこうなった?        板垣恵介『武蔵道』

週刊少年チャンピオン
03 /30 2017


 これは好みの問題なんですが、自分は物語において『動機付け』というのを重視するのです。ミステリーマンガ(探偵モノとか)ではトリックそのものは『主人公が解決してくれるから』という感じで、それより『犯人はなぜこんなコトをしたのか?』に興味が行っちゃう方です。ウルトラマンなんかも『ウルトラマンが勝つから』と分かって観ているけど、そこに『絡むドラマ』が好きなんです。




 2017213.jpg



 どうしてこうなった?



 …というのが今の『武蔵道』だったり。


 武蔵が現代に黄泉返り、バキワールドの住人と戦う……というのは分かる。格闘マンガであり、歴史上の人物と戦わせてみたいという『もし』は理解できる。


 が、国家権力と戦う……というのは全く分からない。そもそもにお互いが戦う動機が無い。過去の武蔵が単身徳川幕府壊滅を目指し、志半ばで倒れた……というのであれば分かる。いや、しかし、武蔵はそういうヤツでは無かったよな?歴史に詳しく無いけど、そこまでのコトはやらかして無いよな?


 が、それが面白かったりする。バキシリーズと言えば『まとまりが悪く思いつき展開からの迷走』ですが、最近はこの迷走が面白かったりする(マジで)。ここ最近のマンガはそういう迷走が無く完成度そのものは上がっているが、同時にそういうハジけたトコロが無いからなあ……。



 今回の『囲んでどうする!!?』もたいがいに酷い。いやいや、もっともっと酷くなって読者を楽しませてほしいです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp