恐怖のクローバー脳!!            小沢としお『Gメン』 - 豚か狼か

恐怖のクローバー脳!!            小沢としお『Gメン』

週刊少年チャンピオン
03 /30 2017


 最近チャンピオンを読み始めた方はご存知無いと思いますが、『弱虫ペダル』がブレイクする前の本誌はヤンキーイケイケ路線であった。その中で最大のヒット作になったのが『クローバー』であり、『クローズ』とタイトル似ているよねと揶揄されたものですが、内容もかなり影響受けてたような……。が、八年の長期連載によってDQNマンガとして覚醒した。このマンガはどのような過程を経ても結局ケンカというルートが固定されております。どんな話でもセックスに辿り着くエロゲーみたいなものです。



 が、これがメッチャ面白かった!!最初はあまりのDQNぷりに嫌悪感があったのに、いつのまにやら調教済みにされてしまっていた!!『俺チャンピオンマンガランキング』作ったら間違いなくトップ10に入るでしょう。



 そして、そのクローバー脳は今も健在である。



 2017221.jpg



 『クローバー』だったら絶対ヤリチンのクソ野郎だッ!!!!!!



 …と今週の『Gメン』のラストを見て、直感的に思ってしまった俺はダメダメのクローバー脳である。そう、『クローバー』に於いては最初にこのような好青年であった場合、20000パーセントの確率でそういうヤツなのだ……。



 何を言っているか分からない?



 いや、分からない方が良いコトも世の中にはある。これはクローバー脳になってしまったものだけが理解できる領域なのだ。それにしても『クローバー』が読みたい…。マジ読みたい。クローバーパンチ欠乏症でもある。



 この展開は瀬名と勝太妹のラブ話になんかな?




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp