ハッキリしているコト           佐藤タカヒロ『鮫島、最後の十五日』 - 豚か狼か

ハッキリしているコト           佐藤タカヒロ『鮫島、最後の十五日』

週刊少年チャンピオン
04 /01 2017


 何かをやろうとしている時に『才能あるヤツ』とか『明確に強いヤツ』とかいた場合はそれがブレーキになったりするだろう。それは正常だと思うが、だけどそれを何とかしたくて人々は頑張れる。



 2017220.jpg



 『鮫島』の毘沙門はそれがモチベーションとか目標になっていて、それこそが強さ才能に結びついている…と本編を読んでいて感じる。が、今回の鮫島を見て『なるほど』と感じた。


 鮫島はもちろん主人公としてのキャラ付けはされているが、それでも毘沙門よりは俺たちに近い資質であるコトには変わらない。で、今回の結果のようになったのを考えると分かるコトがある。


 例え戦う相手がそうであっても、その時は自分の全力を尽くすこと。


 これはリアルにおいても何ら変わらない。人はそれ以上のコトはできない。それに集中して考えすぎないコトこそが臨むにあたっての大切なコトなのだろう。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp