アイディアとほうれんそう             瀬口忍『囚人リク』 - 豚か狼か

アイディアとほうれんそう             瀬口忍『囚人リク』

瀬口忍『囚人リク』
04 /03 2017


 まず社会人の常識として名高い『ほうれんそう』がある。


 で、それを執拗にしろと言う方がいて、聞けば『部下が無能で守れない』とご立腹だ。が、この場合はおそらく『自分の無能』を疑った方がいいだろう。『否定的な返ししかしてない』というコト。むしろよっぽどのコトでも無いと『ほうれんそう』はお互いに得しかないからやりたいはずなんです。


 そういう感じで『いくつ素晴らしいアイディアを潰してきた?』とも聞きたくなる。上下関係のマナーは大事ですが、それは動物世界のそれとは違う。いい加減に、そろそろそういう考え方は捨てた方がいいと思うんですよね。お互いの為に。




2017219.jpg


 
 『囚人リク』という作品で注目したいのは上司にあたるリクと田中とレノマに『ほうれんそう』がうまく言っているコトです。中にはどうしようもない『ほうれんそう』もありますが、頭ごなしに否定してないというコト。今回はロクでも無いアイディアであっても『ちゃんと聞いてくれる』という安心感というのは大きいんですよね。


 逆に、その『ほうれんそう』が機能しない時(みんなに迷惑をかけたくないと抱え込む)は間違いなく失敗しているのもリクの世界なんです。で、ここが重要なんですが『それでも相手との会話を拒まない』というのが救いになっている。未来を見るって大事なコトなんです。



 今回のピンチ切り抜けは天野の突発的なアイディアみたいですが、そういう下地があってこそでもあるんじゃないでしょうか?

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp