走れ          板垣巴留『ビースターズ』 - 豚か狼か

走れ          板垣巴留『ビースターズ』

週刊少年チャンピオン
04 /11 2017


 一時期にアニメオープニングは『とにかくキャラが走っていた』という。


 実は作劇法の一つで、キャラクターを走らせるだけで受け手の関心を引くコトができる。ただ、これが多発してしまったのだ。そして、『ポッピンQ』も走っているシーンから始まっていたりする。まあ、このアニメ映画は『走る』が大事な要素ではあったが。



 2017225.jpg



 今回の『ビースターズ』は走ってましたね~。


 ただ、これまでのレゴシから新たな真理変化を経由したという意味ではベストタイミングと言っていいでしょう。むしろ今まで『動作的なアクションで惹く』というのを極力排してましたね、このマンガ。


 アクションと言えば『レゴシがビルを殴る』というシーンもありましたが、ここ一番で動きを魅せるというのを巴留先生は本能的に知っているんじゃなかろうか?


 先に書いた『一時期のアニメはみんな走っていた』はみんなが走っていたから利き目が無くなっちゃったんですよね。出し惜しみもよくないけど、出しすぎは本当に慣らされて効かなくなる。


 このマンガの構成力はスゴイな~。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp