個性               板垣恵介『武蔵道』 - 豚か狼か

個性               板垣恵介『武蔵道』

週刊少年チャンピオン
04 /15 2017


 要求されるのは『従順な適応性と没個性』だ。


 今さら語るまでもなく、人間社会において最も使い勝手の良い人材はそういうヤツだ。『個性的なのは素晴らしい』とか『キミはキミでいい』なんてのは嘘っぱちである。俺がもし支配する側ならそう考えますけどね。


 世の中がそういう流れなもんでマンガ家は常に戦っているというコトなのだ。それが理解(理性で解する)ができない人はまずマンガ家になれない。



 2017254.jpg



 今回の『武蔵道』のこのカットは『いかにも板垣先生らしい個性だ』と感じる。


 しかし、板垣先生も最初から今のポジションという訳では無い。ここにくるまでに『押さえ込み』は必ずあったはずだ。



 今でこそ確固たる地位を築いた『ジョジョ』であるが、当時のクラスメート男子は全てジャンプを読んでいるような状態で、すこぶる評判が悪かった。曰く『気持ち悪い絵』『わざとらしいポーズ』『変なセリフ』等々。今でこそ『良い』とされている作品のポイントがことごとく不評であった。実際、二巻の終盤あたりの掲載位置はケツの方だったので全体の人気としても苦戦していたのだろう。



 この記事を読まれている方にひょっとしてマンガ家志望の方がいらっしゃるかもしれない。そして、キチンと道を歩んでいるならばそう遠く無い未来に『アナタの個性を詰んでくるヤツ等』が現われるだろう。それは必死で守らなきゃならない。一般的に『短所』と捉われる部分は長い目で見ると『長所』だったりするのだ。それはアナタの長所を毟り取ってくるヤツなのかもしれないのだ。



 マンガは叛逆である。不服従である。適応などしやがらないのである。


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp