少ないキャラで             炎堂たつや『守護いね守護霊さん』 - 豚か狼か

少ないキャラで             炎堂たつや『守護いね守護霊さん』

週刊少年チャンピオン
04 /22 2017


 いろんな意味で伝説のマンガ『いけない!ルナ先生』ですが、このマンガはフォーマットがガチガチになっているのに毎回面白エロい。


 わたるくんの成績が悪い→このままだとわたるくんが死ぬor自殺する!!→お色気授業で克服!!



 ……というのを毎回毎回やっている(本当)。そして、もう一つの特徴ですが『キャラがわたるくんとルナ先生以外いない』というコト。この二人だけというのは驚く。




 2017278.jpg



 『守護いね守護霊さん』もまたページ数が少ない前後編というコトであらゆる要素は徹底的に削がれている。『スバルだけ見えるのはなぜか?』『なぜサチはスバルが異常に好きか?』等々読んでいれば自然と出てくるクエスチョンは省かざるえない。が、シンプルに楽しめる内容になっている。



 このマンガは三人しかキャラがいない。連載になったら増えるかもだけど。とりあえず。



 その中でサチと喜多村さんは対極なヒロインに描かれているから面白いのだろう。


 サチは病的な愛情の持ち主ですが、同時にバカ分かりやすいという裏表の無さが魅力だ。一方、喜多村さんは計算高く黒いというのはある。ひょっとしたら抱きついたのも演技という気すらする。ここら辺の対比はクッキリしていて、極限まで要素を切り落としたマンガならではの面白さだろう。個人的にはサチ派なんですがね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp