自分は大丈夫…な訳ないじゃん            ざら『ふたりでひとりぐらし、』 - 豚か狼か

自分は大丈夫…な訳ないじゃん            ざら『ふたりでひとりぐらし、』

ざら『しかくいシカク』『ふたりでひとりぐらし、』
04 /25 2017



 自分は大丈夫…というのを信じないようにしております。


 『初代ウルトラマン』の『故郷は地球』でイデ隊員が言うんですよね。『俺たちだって、いつジャミラみたいになるか分からないんだぞ!!』って。この世のあらゆる出来事は延長線上にあるって。



 2017281.jpg



 さて、今回の『ふたりでひとりぐらし、』は ざら先生が得意とする社会風刺です。つーか、ざら先生の実体験フィードバックしまくりというのがなんとも恐ろしいぜ……。


 さておいて


 俺が『艦これ』に手を出したのが一年前だったりする。『かからない』というのは聞いていたが、誰かが俺を陥れようとしているというコトで、興味はありつつも遠巻きに『大丈夫か?』と疑っていた。なので始めた時は『今更?』と言われたりもした。ちなみにアニメも観てたけどプレイから遠ざかり、小池一夫先生が面白そうにツイートしているのが後押しになってたりする。


 


俺が欲しくて仕方ない夕雲型!!長波をゲット……だと!?ぎぎぎぎぎ…うまらやしい!!俺も5-4掘りしてるのに!!



 …とまあ、そんな感じに楽しめればいいけど、それが度を越えちゃうとマズイ…というのか今回のお話です。


 2017282.jpg




 作品中、もっともマトモどころか良い子なそらチャンがスマホゲームを始めて



 2017283.jpg



 課金中毒になる…という(汗)。



 ここで重要なのは『自分はそうならない』というのが大きな間違い…というコト。このテの遊びは足抜けが『治療レベル』というコト。脳内麻薬をうまく出るようにして、癖になるようにしてますよね。そういうの専門の人が作っているのだから。


 2017284.jpg



 『ウチは大きい』でどちらかと言えば『そうじゃない側の視点』で描いてた、ざら先生が『そうなった側の視点』で描いているというのはオッソロシイ話で。


 で、ここからが重要というか自分として書きたいコトなんてずが、例えば『オレオレ詐欺に引っかかる老人ってバカなの?』みたいな意見に対して俺は『そうは思わない』というコト。おそらく『俺も簡単にハメられる』というコト。なぜなら『それを得意としてやっているヤツ等がハメようとしてくるから』だ。それ専門を甘く見てはいけない。



 ただ、今回は話のオチとして『こういう感じにして欲しい』という落とし処を提示しているのも、やっぱりざら先生の作品です。そういうコト書いている自分ですが、『艦これ』には課金させてもらってますもん。現在5千円也。これが、500円で『運営できないからやめます』も困るし、5万円だと『さすがに使いすぎ』という気持ちになる。やっぱり適度な金額は払いたいトコロではあります(作中で描かれた金額がベストなんじゃないかな?)。酒だってアル中にはなりたくないけど、だからと言ってたまには飲みたいしね。適度な関係…というのを描きたかったんだと思いますよ。


 本当は娯楽に対して、そういう警戒心抱かないようなのが理想なんですがね。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp