帰ってきた佐々木くん           掛丸翔『少年ラケット』 - 豚か狼か

帰ってきた佐々木くん           掛丸翔『少年ラケット』

週刊少年チャンピオン
04 /30 2017

 スポーツマンガというのは基本的に『学生』であり、『大会出場』が鉄則だ。何がしかの狙いがなければ、これを守った方がいい。



 まず『学生』であるが、それは『期間限定』というコトになる。中学生も高校生もそれぞれ三年ずつという人生の中で1/15程度の短い期間だ。その中で『結果を出さなきゃならない』し、例えば主人公が一年で憧れの先輩が三年なら『いきなりラストの年』と組み込みやすい。


 そして『大会出場』も上記と同じ理由だ。『最上級生は負けたら二度目は無い』というコト。これがプロだと『負けても終わりにならない』というコトになる。


 これらによって『作品に分かりやすい緊張感が出る』という訳だ。余談であるが、それらのハンデをものともしない……いや、この緊張感はプロ野球ならではという作品もある。ハロルド作石先生の『ストッパー毒島』だ。全くもって、どこにも隙の無いスゴイ作品だ。



 2017293.jpg



 が、この二つを守るコトのデメリットも当然ある。『試合の勝ち負けが容易に想像できる』というコト。スポーツマンガで目当てのライバル校はほぼ間違いなく別ブロックの法則がある。『決勝で会おうな!!』というのはライバル校の死亡フラグであったりもする。


 ここで難しくなるのは『今回は主人公チーム勝てるの?』と読者を不安にさせるコトだ。それこそがマンガのテクニック!!



 
 ここら辺を踏まえた上で、今回の『少年ラケット』は巧い。前回は『通過点だな…』と思ったけど、今回は自分も予想が立たない。前提として『今回が最後の大会じゃない』というのがあるんで、どこかで負ける可能性は大いにある。そして、それが決勝という気もしていたが、相手校のスゴさが今回伝わってきたので、本当に読めなくなってきた。面白い展開だ。




 それにしても、佐々木くんが回想に帰ってきたけど、切ない役回りだな~。再びレギュラーになるような事件が無いかな?弟に感化された最上兄がいきなりマンガ道目指して欠場とか。今年もマクラーレンはホンダエンジンがあまりにアレなので、現役最強とも言われるフェルナンド・アロンソがモナコGP欠場するリアルもある訳だし。可能性はゼロじゃない(読者はア然となるけど)。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp