チャンピオン22+23合併号の感想 - 豚か狼か

チャンピオン22+23合併号の感想

今週のチャンピオン
05 /03 2017


 チャンピオンを購読してそれなり長くなっているのですが、チャンピオンの得意と弱点って感じてまして、得意は『他誌で描いてきた特異な作家に面白いのを描かせる』というのがありますね。一方、弱点としては『新人育成が苦手』だと思います。チャンピオンで賞を獲ったはいいが、なんともうまくいかない…という比率はかなり高い。さらにはチャンピオンはイマイチ相性悪いからと他誌に移ったらブレイクしたとかあるしなあ(汗)。



 が、ここ最近はたまたまなのか新人に勢いがある。購読歴の中で最もノッているのではなかろうか?この状態が続くといいな。



『弱虫ペダル』~別記事にしました。


『フシケン』~別記事にしました。


『花山道』~別記事にしました。


『六道の悪女たち』~やっぱり、劇で大暴れというビースターズみたいな流れになるのか?実現したら『チャンピオンでの演劇はヤバい』というジンクスになりますね。


『ビースターズ』~別記事にしました。


『鮫島』~これもこれで真面目だから悪かったなあ。ラッキー!!大金星だ!!ぐらいにかんがえておけば良かったのだろうけど。


『浦安』~プレミアムフライデーという考え方そのものが『出てくるという異常性』がヤバいんですが、こういう切り替えしっていかにもギャグマンガですよね。


『少年ラケット』~別記事にしました。


『囚人リク』~別記事にしました。


『Gメン』~別記事にしました。


『吸血鬼すぐ死ぬ』~何気にこのマンガは『いい話』に落とす回が多いですよね。ハートフルマンガ好き。


『魔入りました!入間くん』~別記事にしました。


『猫神じゃらし!』~別記事にしました。


『AIの遺電子』~別記事にしました。


『虚ろう君と』~別記事にしました。


『SIX』~なかなか週刊連載はキツいかな?終盤にかけて絵が荒れてきたような?


『木曜日のフルット』~そんな美人のアシスタントを前に仕事に集中している白川先生が何気に紳士だ。俺は無理だぞ。







 そんな新人豊作ラッシュですが、来週は玉置大地先生の読み切り掲載か~。個人的にかなり期待している方です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

最近知ったのですが
「最強少女さゆり」の福田先生がモーニングで短期連載
「空が灰色だから」の阿部先生がビックコミックスピリッツで隔週連載
「ペーパーブレイバー」の藤近先生が6月にガンガンjokerで読み切りを
それぞれ描いていたそうです。

これで他誌に移ってブレイクしたら目も当てられない。

まぁみんな読むけどね(笑)

他誌へ



 書いてるコトと矛盾しちゃいますが、同時に自分は『マンガは誰にも分らない』と思っているトコロがあるんで、『まあ、運がなかった』とか『たまたまうまくいかなかった』みたいな方向で考えちゃいます。


 『進撃の巨人を逃したジャンプ編集は無能』


 
 なんて、論調も自分は『そうは思わない。結果だけで人を無能と判断する方が思慮に欠ける』と感じます。



 何が言いたいか?『スメラギドレッサーズ』は歴史的名作であるというコトです(自分の中で)。

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp