一兎追ったら二兎獲れた           村田真哉・隅田かずあさ『キリングバイツ』 - 豚か狼か

一兎追ったら二兎獲れた           村田真哉・隅田かずあさ『キリングバイツ』

マンガレビュー
05 /05 2017



 印象に残るエロゲーに『遥かに仰ぎ麗しの』というタイトルがありますが、この作品はちょっと変わっている。



 設定としては『辺境の地にやってきた新任教師が、女生徒との交流を経てラブに発展していく』というものですが、ストーリー初期で『本校ルート』と『分校ルート』を選べるのだ。そして、本校と分校はそれぞれ別ライターが担当していて、設定が同じなのに印象が全然違う。本校は『熱血スーパーマン先生で明るい印象』で人気が高かった。で、分校は『やたらネガティブで人間臭い先生で鬱屈している』という感じで……俺はコッチのが楽しめたんだよなあ。


 ただ、どちらも主人公本人というのがあって、光と影の対比の面白い作品でした。



 2017308.jpg



 戌井 純(いぬい ぴゅあ)というDQNキラキラネームという新章にシフトした『キリングバイツ』ですが、まず感じたのが『やっぱりキリングバイツだけど、別の作品が始まった!!』という面白さだ。


 確かに根底となる設定はもちろん、ストーリーも続いているのですが、この『別の世界感』が新鮮な気持ちでワクワクします。それはもちろん、このぴゅあというキャラが大きい。このコが作品の印象を全然別物に変えてしまった。もちろん良い意味で。


 マンガに於いて新章突入は普通にありますが、主人公を変えてくる手法もまたもっと定着して良いのかもしれませんね。



 さて、この『キリングバイツ』ですが…



 いよいよアニメ化です!!


 村田先生原作のマンガがついにアニメ化です!!イチ読者としてとても嬉しい!!次は『アラクニド』とか『キャタピラー』もお願いしたいところ。『アラクニド』は完結しているし、半年スパンで全内容とかアリだと思うんですが。ダメ?




 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp